Pocket

王騎と信

第3回目はキングダムの前半部で大活躍の王騎将軍です。王騎将軍は秦の怪鳥と呼ばれ、六大将軍の一人として中華に名を轟かせる大将軍です。

本当に実在したのか?史実ではやはりほうけんに倒されたのか?名言ってどんなものがあるの?といった疑問を明らかにしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

キングダムの王騎のプロフィール

 

王騎

 

→最新話はこちらでチェック

秦国の六大将軍の一人です。昭王の時代に中華を股にかけて戦い渡ったため、その武は中華全土に広まっている。名実ともに最強の将軍である。昭王亡き後は、第一線を退いていたが、に可能性を感じ、再び戦場に舞い戻った。

冗談交じりの会話が多いため、本当の心情を読み取るのがこんなんだと思われます。口癖はコココ。ちょっと、男好きのところがあるため、からはオカマと言われてましたね。ちなみに副官の騰はファルファルと言うのが口癖です。王騎軍は変わり者が多いですね。

王騎と言えば、その矛と圧倒的な存在感からくる威圧感はとてもかっこよすぎます。個人の戦闘能力はもちろんのことですが、それに加えて、戦術眼と指揮能力が抜群です。それが王騎の強さの真骨頂ではないかと思います。

王騎の来歴を簡単に説明しますと、13歳で戦場に出て、瞬く間に将軍に上り詰めました。圧倒的な武功を挙げ、他国からも恐れられ、秦の怪鳥と呼ばれるようになりました。

昭王亡き後は一線を退いていましたが、若き秦国の王 に可能性を感じ再び洗浄に舞い戻りました。そして、対趙国との馬陽防衛戦において、趙国総大将ほうけんとの一騎打ちの末、破れて、戦場で死亡した。

最強と言われた将軍の死はとても衝撃的でしたね。

 

スポンサードリンク

実在の人物?

 

王騎怖い

 

王騎将軍は実在の人物なのか?ということですが、あまり詳しい資料がありませんでした。しかし、情報では実在の人物だそうです。

ただ、マイナーなキャラクターみたいですね。本当にほうけんに倒されたかどうかも不明ですね。史実ではマイナーな王騎というキャラクターをここまで存在感のあるキャラクターにした原先生はすごいなと思います。

 

王騎軍のメンツは?

 

王騎と騰

 

最後に王騎軍のメンツを紹介します。

まず副官の騰です。騰は戦闘能力も高く、王騎軍のNo.2ですね。また、各軍長も非常に能力が高くさすが王騎軍といったところでしょうか。軍長のろくおみ、隆国、鱗坊、干央、同金などですね。

 

この記事のまとめ

 

王騎と信

 

キングダムの王騎は将軍として、とても強いですし、主人公のにとっては一番身近な大将軍であり、師匠みたいな存在でした。そんな存在の王騎は人気キャラクターの一人です。

しかしながら、史実で見ると、マイナーなキャラクターで、正確な情報がありませんでした。王騎というキャラクターはが大将軍になっていく上で、目標とすべき男として、原先生が用意したのかなと思いました。

いずれは、王騎みたいな大将軍になれるのでしょうか?とりあえず、軍略の勉強は少しづつしていったほうがいいかもしれませんね・・・。

 

スポンサードリンク

【RCP】【Joshinはネット通販部門1位(アフターサービスランキング)日経ビジネス誌2013年版】【...

【RCP】【Joshinはネット通販部門1位(アフターサービスランキング)日経ビジネス誌2013年版】【…
価格:14,580円(税込、送料込)

送料無料!!【漫画】キングダム 全巻セット (1-34巻 最新刊) / 漫画全巻ドットコム

送料無料!!【漫画】キングダム 全巻セット (1-34巻 最新刊) / 漫画全巻ドットコム
価格:18,780円(税込、送料込)