キングダムのネタバレ予想566話!565話は前線にて!感想あり

Pocket

信と始皇帝です。

キングダムのネタバレ予想566話と565話「前線にて」を見ていきたいと思います。カタリが無念の戦死。一度退却せざるをえなくなった壁とキタリはどうなるのか?また、フィゴ王がトアクを倒しました。一進一退の攻防がどのように展開されるのか見ていきましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングダム 51 (ヤングジャンプコミックス) [ 原 泰久 ]
価格:583円(税込、送料無料) (2018/7/19時点)

→キングダムのアニメを見るならdTVかdアニメストアがおすすめ

→前回のお話はこちらから

→キングダムの最新巻の内容はこちらから

キングダムの565話「前線にて」

カタリが討たれるも、フィゴ王がトアクを討つ!橑陽九日目は、まさに一進一退!!!

左より報告。ブネン様が自ら敵将一人を討ち取り敵は後退中とのことです。

オオ。さすがはブネン様だ。

右より急報。トアク様がッ。

討ち死に・・・。

トアク様が討ち死にです。

なっ・・・何だとォ!?

ゴバ様・・・

ゴバ:最悪だな。大犬戎族の面汚しが。で?トアクの戦場から敵が流れ込んでくるのか?

いっいえ。トアク様を討ったフィゴ軍も被害は大きく、トアク軍も健在ですのでそう簡単には敵は来れぬと・・・。

ゴバ:だったらトアク軍に最後まで死にもの狂いで戦えと伝えろ。戦って敵を・・・この戦場に一人も通すなと。こっちはこっちでそれどころではないからな。


チダ様、敵将バジオウの率いる騎兵団を止められません。

チダ:テオ鬼団を出せ。ここを抜かれてはバジオウの刃がゴバ様の本陣に届くぞ。

チダ様

チダ:今度は何だ。

敵がっ。目の前にっ。

チダ:何っ!?おのれ・・・

シュンメン:バジオウによそ見してんじゃねェよ。死王軍内で最も脚が速いのはこの鳥牙族だ。憶えとけ。

何っ。

見ろバジオウ達だ。

もう左の壁を抜いたぞ。

兵数もさほど減ってない。

何て奴らだ。

タジフ隊が歩兵団を連れて上がって来た。

よし。軍全体が押し上がったぞ。

シュンメンこれでいよいよ。

シュンメン:ああ。長兄ゴバの本軍に迫れる。

だが、急がねば陽が落ちてきてるぞ。

シュンメン:なァに俺達でゴバの退路を断てば十分に間に合・・・。ん?あれは・・・

ゴバ:退がるぞ。全軍後退だ。全軍城まで戻る。

ゴバ様!?

なぜですか。今日あのバジオウ達の首を取るため我々は倍の陣容でのぞんだはず。まだ我ら本軍には十分戦力があります。

本軍を展開してバジオウを返り討ちにいたしましょう!

ゴバ:バジオウ如きいつでも討てる。

え?

ゴバ:いいから全軍撤退だ。バジオウの前には奴が近づいて来ぬよう殿の壁を作っておけ。

ハ!

くそっ奴ら早くも後退し出したぞ。

城に引き上げる気だ。

まずいゴバに逃げられるぞっ。

退がれー走れー

くそ。本軍が無傷のまま逃げるとは予想外だ。ゴバとは臆病者か。

シュンメン:いや、この数日見た感じゴバが一番のキレ者だ。奴らこっちの作戦を見透かしている。

オオベスト:呑気なこと言ってる場合かシュンメン。退路を断つのは鳥牙族の役目だったのだぞ。ゴバを今日仕止め損なってはこの戦い敗れると。

間に合わん

シュンメン:フッ。お前に言われなくても分かっているオオベスト。ゴバの首の重さを誰より切実に分かっているのはもちろん我らの王だ。


端和様だ。

自ら動いて・・・

ゴバの退路を断ったぞ!

さすが死王だ。よし我らも乱入してゴバを狙うぞ。

シュンメン:フッ間に合わねェよ。俺らが着く頃にはゴバは首になってる。

楊端和:横槍で悪いが首をもらうぞ犬戎の将よ。

来るぞォ。

ゴバ様を守れェッ。

ゴバ:気に食わぬが本当に貴様の思い描いた通りになったな・・・舜水樹よ。

楊端和:貴様は・・・

舜水樹:待っていたぞ山の王・・・開戦以来 本陣から動かなかった貴様が最前線に出てくるこの時を。

何だ!?端和様達の奥に敵の大軍が現れたぞ!?

城だ。犬戎の城から出てきたんだ。まだあんなにいたのかっ。

まっまずいぞ。

城から現れた軍とゴバ軍の間に端和様達は挟まれる形にっ・・・・・・

シュンメン:まさか狙ってなのか・・・。俺達がゴバらを狙っていたように奴らも山の王 楊端和の首を。しかも・・・城から出てきたのは・・・犬戎王 ロゾの本軍だ。

キングダムの566話「橑陽の戦いの行方は?」

もう後がない秦軍と一気呵成で勝負に出る趙軍。役者が揃った橑陽最前線の行方は・・・!!!

長兄ゴバを討つべく突き進むバジオウや鳥牙族のシュンメンですが、ゴバの本陣が退却し始めます。それに合わせて現れてゴバの退路を断つ楊端和。またそれに合わせて楊端和を挟撃する舜水樹とロゾという構図。楊端和が敵に挟まれてピンチですが、バジオウやシュンメンやタジフがいますので大丈夫だと思います。

恐ろしいのは舜水樹。おそらく兵糧に火を放って兵糧戦に持ち込んでから敵軍が焦って出てくるのを待っていたのでしょうか。ロゾと長兄ゴバと舜水樹VS楊端和とバジオウとシュンメンの橑陽の最終決戦が始まります。

また、壁はキタリと協力してブネンを倒せるのかも乞うご期待です!

来週は巻頭カラー&漫画最新巻の51巻発売ですので、そちらも見ていきたいと思います。それではまた来週!!!!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 李真 より:

    あ…皆御免。
    俺、先の展開見えちゃったわ。
    ネタバレ良い?
    先ず楊端和は裏の裏の裏をかいて舜水樹と
    ロゾが出て来る此の展開も読んでいた。
    そして皆が期待してるエンポ爺…
    人質解放説は原泰久の用意した罠で
    本当はランカイを城から誘き出された
    ロゾ達の後方に隠す為の裏工作。
    今此の時ランカイを敵後方から出現させて
    混乱してる最中に楊端和がロゾを討ち取り
    野獣化したバジオウでゴバを討ち取り、
    王族を失った犬戎族を吸収して翌日に
    舜水樹が率いる趙軍本体を殲滅する。
    そもそも趙国内でも殆んど知られていない
    遼陽城の犬戎の存在、しかも其の内情を
    あの段階で楊端和が知り得てエンポ爺に
    人質解放を頼む方が不自然でしょ!?