キングダムのネタバレ予想552話!551話は伝者の報告!感想あり

Pocket

信と始皇帝です。

遅くなりましたが、キングダムのネタバレ予想552話と551話「伝者の報告」を見ていきたいと思います。戦いの最中、秦の王都・咸陽に報せが届きます。それは良い報せなのか悪い報せなのか今後の展開を占う551話を見ていきましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングダム 47 (ヤングジャンプコミックス) [ 原 泰久 ]
価格:555円(税込、送料無料) (2017/7/20時点)

→キングダムの最新話はこちらから

→キングダムのアニメを見るならdTVかdアニメストアがおすすめ

→前回のお話はこちらから

→キングダムの47巻はこちらから

[ad#co-1]

キングダムの551話「伝者の報告」

激戦の地から遥か南西。秦国王都・咸陽では。

来ましたっ。大王様ようやく次の伝者がっ来ましたっ。

おっ遅いぞっ。

最初に来た伝者からもう何日もっ・・・なぜ王翦将軍はもっと頻繁に伝者を・・・

伝者:も申し訳ありません。趙王都圏の出入口列尾を封鎖され、山路を抜けねばならぬのですが・・・そこにも多くの趙兵が・・・伝者は多く発しておるのですが・・・恐らく皆討たれているのだと・・・。

李斯:言い訳はいい。倒れる前にさっさと報告しろ。

伝者:恐れながら・・・前の伝者はどこまでの戦況を・・・

昌文君:もう何日も前だ。鄴を取り囲み、兵糧合戦に持ち込み、連合軍は三つに分かれたところまでだ。それ以降は何も伝わっておらぬ・・・。

伝者:分かりました・・・。連合軍は分裂し、桓騎将軍は鄴を包囲。楊端和・壁軍は遼陽にて交戦。そして王翦軍は朱海平原にて李牧軍と戦っております。

王翦将軍はあのっ・・・李牧と戦いを・・・

何と・・・

李斯:騒ぐな。そこまでは昌平君が読んでいた。

そ・・・そうではあるが・・・

昌平君:お前は王翦軍の元から来たのか?

伝者:ハッ・・・ハイ。朱海平原の開戦から三日目まで王翦軍中央軍にいました。故にそこまでの戦局しか分かり得ぬのですが・・・。

三日目までしか・・・

介億:いやそれが分かるだけでもよしとせねば。

昌文君:して戦局はっ・・・

伝者:ハッ・・・数が劣る中戦局はほぼ互角。両翼の奮戦により、中央軍は互いに動かず・・・李牧軍に対し、互角に渡り合っていると言えます。

数が劣っていながら互角。あの李牧を相手に。

伝者:中でも・・・初日 左翼の危機を救った楽華隊。そして右では玉鳳隊と・・・三日目には敵の強軍一万とぶつかった飛信隊の奮戦が大きな戦果となっていました。

政:信・・・

介億:フッはからずも・・・主が出陣前に集めた三人が活躍しているようですな。

昌文君:ああ。

昌文君よ、状況が複雑で分かりづらいが、「互角」というのは本当に喜ばしい戦局なのか?

昌文君:それは・・・咸陽からでは分からぬ。なぜなら鄴の食糧がどれ程持つのか知り得ぬからだ。鄴が先に飢えるなら、互角の戦局は吉報。だが先に軍の兵糧が尽きるのなら、今の戦局はじわじわと李牧に首を絞められているということになる。

李斯:ちょっと待て。どちらの兵糧が先に尽きるか分からぬ・・・。そんな博打に王翦は出たのか!?

[ad#co-1]

昌平君:そう・・・そこだ・・・。鄴包囲の一報を聞いた時大いにそこに引っかかった。王翦がそれほどの博打に出る男だったのかと・・・。

昌文君:とにかく分からぬことを考えても仕方がない。今我らが知り得ることは軍の兵糧があると何日持つかだ。

介億:してどうなっておる伝者。列尾を越えて軍は紆余曲折しており、送り出した我らも食の総量を見失っておる。

伝者:ハ!恐れながら、敵に捕らえられる危険のある伝者には最高機密である兵糧の詳細は教えられておりませぬ。がしかし、三軍が分離する前の総量は概算で把握しておりました。それを三軍が等しく食べ繋ぐ日数分に分けられたとして開戦よりざっと十三日分・・・。

十三日文・・・

伝者:つまり・・・私が三日目まで現地にいましたので、その時点で残っていた兵糧は十日分であったと記憶しております。

十日分・・・。

昌文君:ちょっと待て・・・お前が現地を離れてから十日分ということは・・・お前はそこから咸陽にたどり着くまで何日かかった・・・!?

伝者:五日です。

なっ

でっでは・・・・・・お王翦軍の兵糧は今あと五日分しかないということなのか!?

昌文君:五日・・・・・・

たった五日で兵糧が尽きる・・・・・・。

あと・・・五日以内に勝たねばならぬと・・・

しっ昌平君っ

政:今さらうろたえるな!これまでで最も難しい戦だと分かってしかけたのだ。故にあらゆる苦境をはね返す人選も準備もしっかりして送り出した。あとは戦場にいる者達を信じるだけだ!!

大王様・・・

大王様・・・

政:よく知らせてくれた。一度下がって手当てをして休め。

伝者:ハ・・・ありがたく・・・しかしもう一つだけお伝えすることが・・・道中絶命しかけた壁軍からの伝者に出くわしましてその者から託された情報なのですが、焼かれたと・・・壁軍の兵糧が焼かれ、楊端和・壁軍の兵糧はさらに数日早く尽きてしまうと・・・・・・。

なっ

なっ

何じゃとォ!?

[ad#co-1]


遼陽 開戦から 八日目

ブハハ知ってるぞてめェら食いもんが少ねェんだってなァ。力入んねェよなァ!?ゲハハ弱ェ。死ねボケェ。

将軍、第二部隊も敗れ敗走中です。第三部隊も姿が見えなくなったと・・・。第四部隊から退却の合図を出してくれと・・・。

片介様討ち死にです。

今日渡セル分ハコレダケダ。昨日ヨリ大分少ナイガ、イヨイヨキリツメテイク必要ガアル許サレヨ将軍。

兵糧 兵糧が来たぞっ

壁:滅相もない。口にするものがあるだけでありがたい。たとえそちらの半分の量だとてかたじけなく思っている。

キタリ:ハンブン!?兄上今こいつまさか我々の半分だと言ったのか!?

壁:へ?

キタリ:何が半分だうちらは逆にてめェらの半分しか食ってねェよ。皆戦の後、野山に入って食い物探して飢えしのいでんだよボケが。

やめろキタリ。

あっ

へっ壁様。

な何をするか小娘っ。

キタリ:おーやるか平地のヘッポコ。

やめろキタリ。

キタリ:うちらが普通に食ってたらとっくに食い物無くなってんだよ。分かってんのかてめェのヘマのせいで・・・ん?兄者

ああ

何だこの喚声

どこかで戦ってるぞ。敵襲だっ!!!

違ウ。内輪モメダ。

へ!?

昨夜クライカラ始マッテイル。他族ノ馬ヲ食ウタメニ奪ッテイルノダ。

えっ!?

楊端和:皆自分の馬は大切だからな。

よく見とけ平地のバカ共。飢えが進むとこうやって戦どころじゃなくなるんだからな。あ仲裁来た。

どうする死王。このままでは三日でこの軍は崩壊するぞ。何か早めに手を打たねば。

楊端和:分かっている。どうせ兵糧もあと三日と持たぬしな。

何っ!?

楊端和:バジオウ、全族長を今すぐ天幕に集めよ!生きるか死ぬか勝負をかける作戦を伝える。

キングダムのネタバレ予想552話の楊端和の作戦とは?

遂に兵糧の底が見えてきてしまった楊端和・壁軍。起死回生の一手を打つべく、端和が立ち上がる!!!

次回の気になる点としては、楊端和の作戦はどんな作戦かということ。もう残された時間(兵糧が尽きるまでの時間)が短いので、夜襲(奇襲)するのでしょうか。それくらいしかないような。相手の兵糧を奪うなんて無理でしょうし。

一気に敵将の首を取りに行くのではないかと予想します。

桓騎将軍のいる鄴も兵糧が厳しい状況ですので、こちらも何らかの動きがあるでしょう。

次回も楽しみです。

[ad#co-1]

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク