キングダムのネタバレ予想550話!549話は三つの誤算!感想あり

Pocket

信と始皇帝です。

遅くなりましたが、キングダムのネタバレ予想550話と549話の三つの誤算を見ていきたいと思います。覚悟を決めた羗瘣の戦いと信の一騎打ちが今回の見所ですね。

それでは見ていきましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングダム 47 (ヤングジャンプコミックス) [ 原 泰久 ]
価格:555円(税込、送料無料) (2017/7/20時点)

→最新話はこちらから

→キングダムのアニメを見るならdTVかdアニメストアがおすすめ

→前回のお話はこちらから

→キングダムの47巻はこちらから

[ad#co-1]

キングダムの549話「三つの誤算」

秦趙両軍が激突する修羅の乱戦の中、大軍勢に立ちはだかるのは女傑・羗瘣。

楚水副長。我々も大変ですが中がっ・・・。

くっ。

我呂。流し込んだ中がえらいことになってんぞ大丈夫なのか。

我呂:知るかよ。羗瘣。

押せっ。

狩り場だ。

飛信隊が死に絶えるまで突いて突いて突きまくれェ。

気をつけろォ。まだまだ新手が来るぞォ。

ダメだ干斗。もう心臓が止まる。

干斗:弱音を吐くな。ん!?す すげェ。

崇原歩兵長が本気出すとあんなにっ。

尾平:へへっ。すげェよな。羗瘣とたまに剣撃やってるからとんでもねェ達人になっちまった。

干斗:尾平さん。羗瘣副長と・・・ってことは羗瘣副長はもっと強いと・・・。

尾平:当たり前だ。あいつが本気出せば、もう・・・人じゃない。

よし来た。動きを封じて殺せ。殺ったぞ。

なっ。一体何をしたのだ。

何だ今のは。

ば化物め・・・!

[ad#co-1]

羗瘣:フー。文玄

文玄:ハ!

羗瘣:ちょっと守って。

文玄:ハハ!副長を囲めっ。何が何でも死守だ。

オオ。

何となく分かって来きたぞ。あの女は体力が続かん。休んでる今殺ればいいだけだっ。

させるか。

羗瘣:分かってるよ緑穂。わざと早めに休んでこまめに呼吸を戻してるんだ。そっちの方がより長く戦える。つまりより多くの敵を斬れる。一人でも多く私が敵を倒さないとこの乱戦は勝てない。いいぞ文玄。

うわっ。きっ来たぞォ。

干斗:うオオ

賁様、日が・・・

王賁:ああ。

信:ルァっ

しっしぶとい。おのれ何度も何度も何だあの男は。もうとっくに・・・。

ん!?

えっ

信!

隊長っ

大丈夫か

左にいた沛浪隊か。

沛浪:向こうがやっと落ちついたんで助けに来たぞ。

信:どいてろ沛浪ジャマすんな。やっと・・・やっと王騎将軍の矛が手になじんできたとこだ。もう少しで尭雲を討てる。

沛浪:だろうなでも明日にしろよ信。こっからもう一暴れするには俺らが力が残ってねェ。

信:沛浪っ

口惜しいですが尭雲様もここまでに。それに一つ先程嫌な報告が・・・左の「大炎」大乱戦場が未だ勝利に至っていないと・・・・・・。

信:羗瘣。

尭雲:情けなくも「勘」が鈍っておるのか・・・。それとも。我が矛も復帰戦で力半分というところだ。「大炎」の場を見に行くぞ。

ハッ

信:まっ待て尭雲。逃げんのかてめェ。待っ。

隊長

しっかりしろ信っっ。

[ad#co-1]


な何だこの死体の数は・・・。こんな・・・

敵騎馬だ。副長を守れ。

左右の要だった楚水副長の隊も我呂の隊ももうこっちに向かって来てる。奴らもまとめて殺すぞっ。

くっ尭雲様ここはもう・・・

尭雲は三つ伍さんがあったと思った。一つ目は本陣急襲を信が読んだこと。二つ目はその尭雲の襲撃を信が止めうる男だったこと。そして三つ目は信以外に戦局をぬりかえる武将が飛信隊の中にいたこと。飛信隊を滅ぼさんとした「大炎」の場はほぼ互角に互いを焼き尽くす程の結果となった。血の腹に立つ羗瘣の苛烈な姿に尭雲は一瞬かつての六将の一人の姿が頭をよぎり、飛信隊が想像していた以上に厄介な相手だと思いを改めた。

キングダムのネタバレ予想550話「羗瘣独立を予感される!?」

尭雲の言葉からすると、羗瘣は昔の六将を思い出させる存在だったようです。

史実によると、王翦と共闘して一国を滅ぼしますので、羗瘣が将来的に飛信隊から独立して自分の軍を持つことも大いに考えられますね。新六将があるということなら、間違いなくその一人になるでしょう。

前にも書きましたが、新六将を自分が選ぶなら、王翦・蒙武・王賁・蒙恬・信・羗瘣の六人ですね。楊端和も捨てがたいですが、秦の将軍であり、山の王でもあるので、六将からは外します。この六人+楊端和が今後の秦を引っ張っていき、中華統一していくことになることでしょう。

一度夜を迎えて翌日の戦がどのようになるのか来週も注目です。

[ad#co-1]

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク