Pocket

信と始皇帝です。

キングダムのネタバレ予想527話と526話「槍と鉄槌」のレビューをしていきたいと思います。2週間ぶりのキングダムですが、前回に引き続き秦右翼の馬南慈VS王賁の戦いが本格的に始まります。

さてどうなるのか?見ていきましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングダム 47 (ヤングジャンプコミックス) [ 原 泰久 ]
価格:555円(税込、送料無料) (2017/7/20時点)

 

→最新話はこちらから

→キングダムの47巻はこちらから

スポンサードリンク

キングダムの526話「槍と鉄槌」

鋭き槍術の使い手・王賁と謎に包まれる馬南慈との一騎打ち!!この決闘を制する者は・・・!!?

す・・・すごい・・・

ああ

久々に賁様の本気を見たが・・・これまでの早さと正確さに加えてまるで魏火龍 紫伯の槍のような破壊力まで・・・

副長・・・あの紫伯を沈めた賁様の槍はいよいよもう・・・

う うむ・・・間違いなく中華の五指に入る・・・

馬南慈様

将軍

馬南慈:うろたえるな。まともにはまだ一発もくらっておらぬわ。

馬南慈様

馬南慈:とは言えこんな槍使い初めてだ。報告にはあったが玉鳳 王賁の武がこれ程とは・・・矛を振ろうにも間合いに入る前にすさまじい連打が飛んできよる。

将軍

馬南慈:あと数手手合わせをすれば慣れてもこようが・・・

馬南慈様、思ったより刻がありませぬぞ。

馬南慈:分かっておる。そのヒマもない。

いったん離脱しましょうこのままでは。

馬南慈:バカな。こ奴にはまだこの馬南慈no

賁様、お気をつけをその男何かっ・・・

馬南慈:鉄槌をくらわしておらぬわっ

馬南慈:かわしよるか。匈奴の人間離れした腕利きの頭をこれで何人も殴り潰したものだがなァ。

馬南慈様!

馬南慈:ああ、分かっておる

亜光将軍!?

馬南慈:どうやら貴様の方が相性が良さそうだのォ秦将ォ。

馬南慈様

馬南慈:猛者二人同時に鉄槌を落とすには連れてきた兵力が少々不足していたか。

亜光:逃げれると思うか

スポンサードリンク

賁様

馬南慈:逆にこんな初日でこの馬南慈の首が取れるとでも?

後ろから敵軍!?

何っ

あれは・・・最初に分かれて盾となっていた馬南慈軍だ。

馬南慈:偏りすぎだ秦軍。この場の趙将は儂一人ではないぞ。

こちらの第一陣が復活する?

趙峩龍:ああ。馬南慈が秦軍左に突っ込み、どうやら秦将もそこに集まった結果、生じたこの秦軍横陣の「力の歪み」押し込まれていた岳嬰軍が息を吹き返すには十分のスキだ。

岳嬰:巻き返すぞ者共オ!!

趙峩龍:やはり・・・相当戦が分かっておるな馬南慈・・・

さらに我々が出陣すれば形勢は一気にこちらに傾くのでは。

趙峩龍:いや。この趙峩龍軍の出陣は敵がもっと弱ってからだ。十分に弱ってから食しに行く。

その頃秦軍中央本陣では、信が王翦に呼び出されていた。

将軍、飛信隊 信が来ました。

信:やっと飛信隊の出番か王翦将軍。ずい分もったいつけ・・・

王翦:八百騎選べ

信:えっ!?

王翦:隊内で足の速い八百騎を選りすぐって今すぐ出陣せよ。

信:八百で・・・出陣・・・どっどこへ・・・どっちの戦場へ!?

王翦:左だ

信:左・・・楽華隊のいる方か・・・!!

王翦:左の戦場へ割って入り・・・お前が趙将 紀彗の首を取って来い!

キングダムのネタバレ予想527話「信VS紀彗」

王翦から告げられた指令、それは紀彗の首取り!!!白熱極まる戦場で成し遂げられるのか!!?

信が王翦から告げられたのは八百騎を率いて紀彗の首を取ってこいということ。蒙恬が奮闘する左翼は崩れている部分もあるので、そこを突いてこいということでしょう。

飛信隊は独立遊軍として、速攻で敵将を倒すのは得意ですから、やってくれるのではないかと思います。まずは左翼を取ることができるのか?秦軍。

それとともに右翼は趙峩龍が怖い存在です。馬南慈の圧倒的な拳がありますし、右翼は左翼よりも厳しいのではないかと思います。来週は左翼がメインでしょうか?

楽しみに待ちましょう!

スポンサードリンク