Pocket

信と始皇帝です。

今週もキングダムのネタバレ予想と521話「機動の妙」を見ていきたいと思います。決戦で煌めく「武」と「将」の才能。やはり蒙恬は武と知を持ち、将軍としてすでに完成している感じですね。

圧倒的数の不利から、ヒット&アウェイ戦法でどこまでやれるのか?何か策(罠)を仕掛けているのか秦軍は?そういったところに注目してみていくと面白いと思います。

それでは見ていきましょう!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングダム 46 [ 原 泰久 ]
価格:555円(税込、送料無料) (2017/4/23時点)

 

『キングダム』で学ぶ乱世のリーダーシップ

新品価格
¥1,296から
(2016/3/10 22:02時点)

→最新話はこちらから

→前回のお話はこちらから

→キングダムの46巻はこちらから

スポンサードリンク

キングダムの521話「機動の妙」

数の不利をものとこもせず、紀彗軍を翻弄する楽華隊!!このまま戦場を制するのか・・・!!?

趙軍:退けっ。いったん本軍まで退くぞォっ

蒙恬軍:蒙恬様、敵が退却していきます。

蒙恬:追うぞ。徹底的に背を叩く。

【紀彗軍本陣】

報告 黄角様 苦戦の模様 退却してくるようです。

馬呈:何だと情けねェ。あれか・・・ん?何だありゃァっ

紀彗:背を討たれている・・・一方的に!!

馬呈:ふざけおって秦のクソ共が。騎馬五百ついて来い。味方のケツにへばりついているカス共をぶち殺す!!

オオ

紀彗:待て馬呈。あの敵はっ・・・

蒙恬様 また奥から騎馬が来ます。何だ先頭の奴・・・でかいぞ。

蒙恬:馬呈か!退くぞ。今度の相手は手強い。気を付けろ!

ハ!

馬呈様 奴らまた退却をっ

馬呈:逃がすかボケ共がァ

馬呈様追って行きます。

紀彗:今すぐ呼び戻せ

蒙恬様、追って来ています。チッさっきの敵よりさらに早いぞ

蒙恬:黒羊戦の全容の情報から、悪いが紀彗軍についてはほぼ丸裸だ。紀彗の側近中の側近 馬呈。用兵術も鋭いが、何よりその圧倒的武力で紀彗軍の「攻」を一手に担う男。もう一人の片腕 劉冬 亡き今この馬呈を討てば紀彗軍の力は半減すると言っても大袈裟ではない。

馬呈 願ってもない好機だ。この序盤でお前を仕留めてやる。

蒙恬様、負傷してる呉英達がっ追いつかれます!

蒙恬:力を振り絞れ呉英!介元!

馬呈:無駄だ

呉英&介元:蒙恬様ご武運を!

馬呈:何っ

まさかのじィ、胡漸副長!

お待たせしました蒙恬様ァっ

間に合ったか副長。歩兵も来てるぞ。

蒙恬:再び旋回!背後に回りて退路を断て。ここで馬呈の首を取る!

オオ

じィ:なっ・・・

馬呈:取れるものなら取ってみろや

蒙恬:報告以上か・・・・・・・・・。取り囲めっ

オオ

馬呈様に近づけるなァ

馬呈様 敵につかまり 乱戦に入った模様 再び敵の伏兵があったと

恐らく敵五千がそのまま右に現れています

馬呈様は黄角隊の残兵と合流したとしても一千程かと

いくら馬呈様とて厳しい 援軍を送りましょう 紀彗様

紀彗:わずか数刻で恐らく一千近くの騎兵を失った。たかだか五千と侮ると足元をすくわれかねぬ相手だ。敵指揮官は数多の戦い方を熟知している。敵は騎馬の機動力を駆使して九州と離脱を繰り返し、こちらの戦力を削ぎ続ける戦術だ。放っておけば外側の歩兵がやられ、半端な数の騎馬で追えば、奥に罠をはられこれも討たれてしまう。ならば、この三万の全力で追いつめて一撃で秦左翼を消滅させるまでだ!

紀彗:全軍右向きに陣形を変えよ。歩兵八千 右へ前進。西羽・糸袁の騎馬隊五千ずつで左右から敵を包み込め。二十包囲をしき一兵も逃すな。明不の騎兵三千もとどめを刺しに出陣する準備だ よいか 早々にこの戦場のカタを付ける!しくじるでないぞ

オオオ

スポンサードリンク

紀彗軍は目を疑う程の早さで陣の形を変え、出陣した騎兵と歩兵は全速力で楽華隊に迫って行った。だが、結果これが完全に裏目に出る。紀彗軍全軍が右側に陣形を変えきった時、それまで正面だった左側より地平を埋めつくす程の秦の騎馬隊が出現したのである。

趙軍:なっ何だあれは。秦左翼は今右にいるのに。あれは一体ッ

それは中央軍にいた王翦の片腕 麻鉱の軍 五千であった

紀彗:まさか・・・・・・中央の位置から一気にここに・・・!!

急報 何じゃ今ごろっ

出現した騎馬隊の奥 さらに五千の騎馬隊がこちらに向かって来ています。

紀彗:第二波か・・・!!いかん。左向きに守備陣形をっ。急げっ。

急報っ。さらにその奥 五千から一万の歩兵大軍勢がこちらに・・・・・・っ。

なっ何だとォ!?

キングダムのネタバレ予想522話「紀彗軍は飲み込まれるか?」

突如戦場に出現した巨大な兵の波!!強大な武力のうねりは紀彗軍を飲み込むのか!!?

急に王翦軍の片腕麻鉱の軍が秦軍の左翼に現れました。開戦時にこうなることを予測して王翦が最初から動かしていたんでしょうか?最大二万の軍勢です。

逆に中央は四万弱しか残ってないことになります。最初から左翼に兵力のギャップを作り、戦い方や軍の特性を知っている紀彗軍を狙うための罠だったということですかね。

これで秦軍の左翼は圧倒的に有利な展開に持ち込めそうなわけですが、この状況に李牧は黙ってないと思います。兵力の薄くなった中央をここで攻めて来ると思います。そこを止めるのは飛信隊ですね。これは、一番中央がきついかも。王翦と羗瘣の共演が見れるかも。

次週以降も楽しみです。

スポンサードリンク