Pocket

信と始皇帝です。

キングダムのネタバレ予想506話と505話「熱狂」のレビューをしていきたいと思います。前回のお話は王翦率いる秦の連合軍の本軍がついに趙の国門・列尾に到着したところまででした。

そして、この列尾の攻城戦を任されたのは楊端和率いる山の民と飛信隊。この二隊で城を攻略できるのか?その方法が気になるところです。それでは505話を見ていきましょう!

『キングダム』で学ぶ乱世のリーダーシップ

新品価格
¥1,296から
(2016/3/10 22:02時点)

→最新話はこちらから

→前回のお話はこちらから

→キングダムの最新46巻はこちらから

→キングダムを電子書籍で楽しみたい方はこちらから

スポンサードリンク

キングダムの505話「熱狂」

趙の「国門」列尾に到着した秦の連合軍!!対峙する趙の軍勢に熱気と闘志がこもるが・・・!?

趙軍の兵士:この王都の「蓋」列尾を抜かんとする愚か者共が来たぞ!皆の者準備はよいかァ!!

趙軍の兵士:オォ

趙軍の兵士:二日もすれば、王都圏からの大軍が到着するだろうが、そんなものはあてにするな。この城に近付く犬共は皆殺しだ!!よいか皆の者ォ、奴らの血で列尾の大地を朱く染めてやれェ!!

オオオオオオオオ(国難時、熱狂の渦)

蒙恬:まいったね。秦軍のこの数に対して逆に士気を上げてきた・・・こおまで地が揺れてる。

陸仙:く・・・趙の国門列尾、これは一筋縄では行きませぬぞ。しかし、王翦将軍は本気でしょうか。この城を飛信隊と山民族だけで落とさせるなどと。こういっては何ですが正直・・・山民族達に攻城戦のような高度な戦いができるとは思えませんが。

じぃ:それもよりによってこの列尾城を落とせるのかと・・・いや落とさねば大変なことになるのですが・・・

蒙恬:あの山の民軍はたしか二年前に魏の大都市 衍氏城を落としたはずだけど

陸仙:どうやって落としたかは誰も見ていないです。あの時は攻める秦軍がいないと思わせて奇襲が成功しただけだろうと専ら言われています。

蒙恬:ってことはいよいよ飛信隊の働きが重要になってきそうだな・・・・・・

蒙恬:城の作りはともかくまずは何より厄介なのはあの士気の高さだ。合従軍の蕞でもそうだったように守る人間の士気しだいで城は何倍にも強くなる・・・・・・これはいきなり正念場だぞ信。

スポンサードリンク

河了貂:王翦将軍の意図はともかく・・・やるからにはオレ達だけで列尾を落とすつもりでやるよ!

楊端和&信:当然だ。

河了貂:しかも最低でも二日以内に!

楊端和:半日で落とす。

河了貂:えっ

信:ってことはな何かいい策があると・・・?

楊端和:城攻めは単純だ。城壁を登って、裏に回って内から門を開け、部隊を突入させて中を制圧する。それ以外に何か手があるのか?(奴らうるさいな)

河了貂:いやそっそうなんだけどそれが難しいわけで

信:楊端和・・・

楊端和:城壁を落とすのは山の民がやる。飛信隊は門が開いたら中に突入できるよう準備をしておけ。

信:えっ

河了貂:いやっだからっその城壁を落とすのが大変なんだって・・・

信:だ・・・大丈夫かテン。ひょっとして山の民の連中 城攻めを甘く見てねェか!?

河了貂:は 白兵戦が強いのは十分分かってるけど、城は軍としてちゃんと攻めないと苦戦するよ・・・

バジオウ:敵で城の外に出ている奴らがいるとタジフが言っている。

河了貂:ああ・・・あれは・・・秦軍が近づけばすぐに城内に入るよ。背を打とうと焦って突っ込めば、城壁の上から矢の雨を受けるって典型的な戦術だよ。でも、それとは別に敵前に騎馬隊を出すという勇敢さを見せて自軍を震わせるという狙いもある。

信:チッつまり単純な敵じゃねェってことか。

河了貂:その通り。でも一番厄介なのはやっぱりあの士気の高さだ。敵の指揮官は守城戦で何が一番大事かきちんと分かっている。だからこっちも考えて戦わないとあの城は絶対に落ちない・・・。

楊端和:心配無用だ。山の民には山の民の戦い方がある。

河了貂:ちょっと楊端和!

信:山の民の戦い方!?

バジオウ:山の民のと言うより、端和様の戦い方だ。

信:え!?

バジオウ:今、この地には百を超える山の族が集結している。フィゴ族、メラ族など何百年と争ってきた大族までも参戦している。

河了貂・信:百っ・・・

バジオウ:どの族の長老も皆同じことを言う。こんなことは決して起こりえなかったと。全ては楊端和という一人の女王の存在だ。山界の「死王」と畏れられ、愛される女王一人の存在で山界の統一が成された。見ていろ、端和様はいつも敵を真正面からねじ伏せる。

信;真正面から・・・ねじ伏せる!?

じぃ:え?

見ろ一騎出たぞ

蒙恬:山の女王!?

山の民:端和様だ。死王だっ。

河了貂:なっ・・・

信:何っ・・・すっ姿を見ただけでっ

蒙恬:こっこれは

楊端和:見よ。敵が何かさえずっているぞ。あんなものが雄叫びとは片腹痛い。本物の雄叫びとは何だ。本物の戦士の雄叫びとはどんなものか。

河了貂:さっさらに大きく・・・

ぐあッ

尾平:じっ地面がはねてるぞ オイ

趙軍の兵士:な・・・何だあの軍勢は・・・

蒙恬:凌駕しようとしてるんだ

じぃ:凌駕!?

蒙恬:言葉は何を言ってるか分からないが、楊端和は敵の最大の武器である「士気」を正面から叩きつぶそうとしている!

楊端和:この戦いは平地の者共の戦いだ。だが、我らの世界を広げる戦いにも重なっている。ならばいつも通りこの楊端和の強靭なる刃達を振り下ろし、抗う敵全てを肉片にして先へ進む!

山の民の軍:死王!死王!!

趙軍の兵士:ひるむな列尾兵 声をッ・・・

楊端和:あんな小城がこの山界の王の刃を受け止めきれると思うか。

信:こ これが山の王 楊端和の檄

楊端和:あんなものでっ山の刃をふせげると思うかっ。平地に見せつけてやれ百の山界の戦士達よ。山の民の力を!恐ろしさを!!者共、血祭りだァァッ

キングダムのネタバレ予想506話「山の民の攻城戦はどうなる?」

両軍驚愕の圧倒的な士気を爆発させた山の民軍!!飛信隊と山の民軍の攻城戦は如何に!!?

505話で、山の民軍の楊端和の力の一端が垣間見えました。そして、百の山の民軍はかなり強力そうですね。バジオウとタジフもあの強さですからそれが百の山界の戦士達が集まれば一気に城を落とせるのではないかと期待させられます。

史実では、城を落とした事実しか書かれていないので、どのように落としたかは全く分かりません。楊端和は半日で落とすといっているので、速攻で相手が逃げるところを突っ込んで真正面から突破していく戦術ですね。

次回は山の民の突破力がどれほどかを見せつけられることでしょう。

スポンサードリンク

→キングダムを電子書籍で楽しみたい方はこちらから

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングダム 45 [ 原 泰久 ]
価格:555円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)