Pocket

信と始皇帝です。

今日の記事では、キングダムの48~50巻の内容をまとめて紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングダム 50 (ヤングジャンプコミックス) [ 原 泰久 ]
価格:555円(税込、送料無料) (2018/4/22時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【在庫あり/即出荷可】【新品】キングダム (1-50巻 最新刊) 全巻セット
価格:27660円(税込、送料無料) (2018/4/22時点)

 

→最新話はこちらから

→キングダムのアニメを見るならdTVかdアニメストアがおすすめ

スポンサードリンク

キングダムの漫画最新50巻の内容とそこに至るまでの経緯

 

キングダムの48巻~50巻は秦と趙の全面戦争に入っていく過程を描いています。

 

48巻では、王翦がせっかく奪い取った鄴を捨てて、周辺の小さい城を落とし始めました。これは一見よく分からない行動に思えますが、王翦の考えは、各城の民間人を鄴に集結させて兵糧戦に持ち込む作戦です。どちらの兵糧が先に切れるかのというところが今後の戦いではポイントになります。

 

また、各城を落とすのと同時に兵を分けました。まずは鄴に桓騎軍、その後楊端和と壁の軍を遼陽に、王翦軍本陣と信・王賁・蒙恬らは閼与と三軍に分かれて戦うことになりました。

 

特に王翦軍VS李牧軍の朱海平原の戦いは今後の秦と趙の興亡を決める大きな戦いです。兵力で劣る秦軍は左翼に蒙恬、右翼に王賁、信は中央軍に待機で戦闘が始まりました。秦の左翼の蒙恬が敵右翼の紀彗を翻弄する中、中央から麻鉱軍が現れ敵を追いつめます。一方、秦の右翼の王賁は亜光軍とともに強敵の趙峩龍や馬南慈に挑みます。そして、王賁VS馬南慈の戦いに入ります。

 

その頃遼陽では、楊端和と壁の戦いが始まろうとしていました。敵は犬戎という強力な敵。楊端和ら山の民の連合軍VSロゾ率いる犬戎の戦いは一進一退の攻防が続きます。

 

中央で待機していた信にようやく王翦より指示が。敵右翼の紀彗の首を取って来いとのこと。信は秦軍左翼に向かいます。楽華隊と飛信隊の共闘で左翼の勝利も近いかと思われましたが、なんと敵の李牧に麻鉱将軍が討ちとられてしまいました。王翦軍の必殺の別動隊として動いていた飛信隊ですが、同様に李牧軍も必殺の別動隊が動いていました。その別動隊が李牧本人で麻鉱将軍は急を突かれて敗れました。これは秦軍にとって大事件で大きな損失です。麻鉱将軍がいなくなり、秦軍左翼が総崩れかと思った矢先その危機を救ったのは蒙恬でした。大将軍に匹敵する軍を率いる力を持つ蒙恬は麻鉱兵を復活させ、なんとか敵の猛攻を凌ぎ切りました。他の戦いは大きな動きはありませんでした。

 

初日が終わり、王翦は蒙恬の軍を率いる力を認め、臨時で左翼の将軍に任命しました。これは凄いことです。

 

そして、二日目に狙われたのは王賁。この窮地をどうやって乗り切るのかと心配しましたが王賁は蒙恬と同じく大将軍の景色が見えていて、敵の横陣の弱点を突き、馬南慈軍を崩壊させました。(馬南慈はまだ生きていますが・・・)

 

同じころに遼陽で大事件が起きます。夜間に兵糧庫が焼かれてしまいました。壁がやらかしました。長期戦は避けなければいけない状況になってしまいました。

 

左翼と右翼でなんとか頑張っていた秦軍ですが、三日目に入り、敵右翼に尭雲という本能型の武将が出て来て、秦軍を押し込み始めます。窮地に陥る王賁を助けたのは、信です。そのまま尭雲との戦いに入ります。本能型VS本能型の仁義なき戦いの行方は51巻以降に分かります。

 

スポンサードリンク

感想まとめ

 

スポンサードリンク

51巻の内容をまとめました

 

リンク先見ていただければざっと内容が分かります。簡単に言うと、秦は劣勢に立たされます。YJでもその状況は変わりません。今後どのように展開していくのかが楽しみです。

 

・キングダムの548話「乱戦下の策」

・キングダムの549話「三つの誤算」

・キングダムの550話「期限の知らせ」

・キングダムの551話「伝者の報告」

・キングダムの552話「身を切る作戦」

・キングダムの553話「ルーディン」

・キングダムの554話「壁軍の攻防」

・キングダムの555話「個別撃破」

・キングダムの556話 ※これから

・キングダムの557話 ※これから

・キングダムの558話 ※これから

51巻の発売日は3か月後なので7月中旬くらいでしょうか。待ちきれませんね!!

スポンサードリンク