Pocket

伸と始皇帝です。

今週もキングダムの最新話のレビューと次回のネタバレ予想をやっていきたいと思います。ついに明日キングダムのビジネス書が発売されます。明日は購入してから家に帰りたいと思います。

『キングダム』で学ぶ乱世のリーダーシップ

新品価格
¥1,296から
(2016/3/10 22:02時点)

→キングダムを電子書籍で楽しみたい方はこちらから

→キングダムの前回のお話はこちらから

→キングダムの漫画最新刊41巻はこちらから

→キングダムの最新話はこちらから

それでは、今週のレビューをしていきます。

スポンサードリンク

 

キングダムの468話「吉と凶」

血で血を洗う応酬戦

CIMG2239

紀彗軍の機転で急襲の刃が鈍るゼノウ一家。混戦を極める両軍の辿り着く先は?

趙軍はゼノウに近づかずに遠くから屋で狙います。

紀彗様っ

紀彗:私はいい。それより 慶舎様をお守りしろっ

紀彗:想像以上に包囲が固い。私が率いる離眼兵でも混戦に持ち込むのがやっとだ。このままでは慶舎様脱出までは届かぬ。

慶舎軍:ダメだ。練公もやられた。クソ、突破口が見つからぬ。

CIMG2240

慶舎:落ちつけ、もうすぐ機が訪れる。

ゼノウ一家:見えるか?あれが奴らの大将だ。奴を殺れば全部終わりだ。一発で仕留めろ。

紀彗の脳天に矢を喰らわそうとするが・・・

CIMG2242

その瞬間ゼノウ一家を凄い顔をした馬呈が襲い掛かります。

馬呈:誰の脳天が喰らうって!?このボケが と馬呈がゼノウ一家を一瞬で撃破します。この光景を見て驚く紀彗

馬呈軍が紀彗軍を助けに来ました。そこにさらに劉冬も駆けつけます。

CIMG2243

劉冬:城主、遅くなって申し訳ありません。

紀彗:何を言う。号令もなくよくこうも早く来てくれた。さすが我が両腕。劉冬、馬呈だ。

劉冬:しかし我らの助勢で簡単にひっくり返る敵でもなさそうです。

紀彗:その通りだ。だが、大将の慶舎様さえ・・・

CIMG2244

驚くことに慶舎が丘の上に移動していました。

ゼノウ一家:何っ いつの間にあの男(慶舎)

ゼノウ:あのヤロォ 俺達の包囲を・・・

紀彗:よしっ・・・慶舎様、そのまま本陣へ戻りどうか立て直しを!

慶舎:陽央

陽央:ハ!

CIMG2245

ゼノウ:追うぞ

CIMG2246

馬程:追わせるか大ハゲ

馬呈:何だあんたら

陽央:慶舎様の命だ。奴らの足止めは俺達がやる。少し粘れば奥に行った主力部隊も戻ってくる。ここは任せて行けっ

馬呈:ハハ、俺らも奴らから逃げろってか。なめんなよコラ

陽央:そうではない!丘の紀彗軍が敵に押し込まれているから持ち場に戻って対処せよということだ。

そこには黒桜の姿が!

馬呈:何っ!?

劉冬:城主

紀彗:ああ、戻るぞ。お前達もついて来い

劉冬・馬呈:ハ!

桓騎の側近:馬鹿な、キメにいったお頭の攻めから逃れやがった・・・・!?

CIMG2247

慶舎:桓騎・・・お互いに紀彗・離眼軍の力を推し量れていなかったようだな・・・。今回はその見落としがこちらに吉と出てお前の方に凶と出ただけのことだ、、、お前の恐ろしさは十分に分かった。そしてお前の弱点もよくわかったぞ。桓騎・・・首を洗って待っていろ・・・。
 

スポンサードリンク


 

場面は変わって飛信隊

沛浪さん達無事でしたか。

田永:ク、クソ。マジで全滅するかと思ったぞ。ああ、急に馬呈軍がいなくなったんで命拾いしたな。援軍だったのか?丘から来たヤバげな連中は・・・

信:クソ、何が援軍だ。あれはきっと俺らをエサにして慶舎を仕留めようとしやがったんだ。

河了貂:間違いない。

どうすんだ信、河了貂。散って合流できてねェ小隊多いし、今まともに動ける奴は半分もいねェぞ。娘軍師。

河了貂:もちろんすぐ丘の戦いに参戦するよ!黒桜軍がイチ早く動いて上は混戦になっている。下から突き上げて敵をさらに混乱させるんだ。馬呈・劉冬軍も去って今飛信隊は完全に敵の視界から消えてるはずだ。うまくやれば丘右半分を勝利に導ける。

よしやるぞ。傷の手当てが済んだら出陣だっ。このままで終わってたまるかっ。

慶舎の言葉通り、紀彗軍は慶舎・桓騎両者の予測を超えた力を発揮した。がしかし、実は同じように両者の予測にない動きをする存在が桓騎軍側にもいた。飛信隊である。

信:待てテン!敵の視界から消えてるんなら、丘の乱戦なんか無視してもっとでけェもんが狙えるはずだ。

河了貂:へ!?

信:さっきそれらしいのが丘の裏に登って行くのが見えた・・・俺達の手で敵の総大将慶舎の首を取るぞ!!

続きは469話にて

キングダムのネタバレ予想469話「信は慶舎を倒せるのか?」

CIMG2248

信自ら号令をかけた慶舎討伐!!秦趙両軍の予測を超越する決断は吉と出るか凶と出るか!!?

468話の吉と凶というタイトルは、桓騎が紀彗・離眼軍の力を推し量れなかったことについて、慶舎側には吉と出て、桓騎には凶と出たということだと思いました。

ただ、それだけではなく、次回以降のメインとなる信VS慶舎を占う中で今回の慶舎討伐の号令をかけた信の決断が吉と出るのか凶と出るのかというのも出てきます。

一つ一つの決断がどのような結果になるのか予測ができないのは今の時代も同じだなと思います。そんな中でも一番ベストな判断をそれももたもたせずにすぐに判断しなければならない。

信は本能型なので、直感で決めた部分が多いかもしれないが、今までの戦場での経験、戦場が醸し出す空気を読み切って決断したのではないでしょうか。

この決断は吉と出ると予想します。
 

スポンサードリンク

→キングダムを電子書籍で楽しみたい方はこちらから

 

キングダム 41 [ 原泰久 ]

キングダム 41 [ 原泰久 ]
価格:555円(税込、送料込)