Pocket

キングダムを読みたい方は、eBookJapanがおすすめです。電子書籍ですので、通勤電車の中で気軽に読めるのはいいのではないでしょうか?

→キングダムを電子書籍で楽しみたい方はこちらから

 

CIMG2214

信と始皇帝です。

今週もキングダムの最新話のレビューとネタバレ予想をしていきます。最近キングダム10周年ということで、多くのキングダム関連のイベントが催されていますね。

3月5日~5月31日はキングダム酒家が日本中で開催されます。東京、札幌、仙台、大宮、名古屋、広島、梅田、博多、熊本です。近場の人はぜひ行ってみることをおすすめします。

3月25日にはキングダムのビジネス書が発売されます。レビュー必至ですね。

→キングダムの漫画最新刊41巻はこちらから

→キングダムの前回のお話はこちらから

→キングダムの最新話はこちらから

 

スポンサードリンク

キングダムの465話「掌上の戦場」

CIMG2215

敵襲ーっ

河了貂:へ!?

信:前だっ!!

慶舎:滅せよ 飛信隊

殺戮の波が押し寄せる。

河了貂 危ない下がれっ

河了貂:待って・・・分断する気だっ!!まずい・・・・しかも後方の楚水・渕さん達は後ろの馬呈軍と交戦中だ。後ろまで貫かれたら隊は一瞬で・・・・・崩壊する!!

河了貂:割って入る敵を何としても止めろっ 後ろへ届かせちゃダメだっ

むっムリだ河了貂 それよりここも危ない くっ来るぞォ

河了貂:信ン

CIMG2216

信:ってるよ!!岳雷!我呂!

我呂:喜ぶなっ どのみち俺らだけじゃそんなに長くは止めらんねェぞ。敵もそうだが、こいつら一人一人がただ者じゃねェ!

信:何だあいつ 慶の字 まさかあれが趙軍の大将の・・・

CIMG2217

CIMG2218

 

スポンサードリンク

慶舎:その矛お若い男が信だ。李牧様が桓騎と並べて名指しであげた標的だ。確実に首を狩り取れ。

ついにあの李牧が信を脅威と認識したのか!!

信:李牧!!遅ェくれェだバカヤロォ 上等だ!取れるもんなら取ってみろ。

我呂:河了貂

河了貂:分かってる。ここはもう止まれない!後ろへ行って退却の指揮を取る。それまで何とか刻をかせいでくれ。

我呂:急げよ。

劉冬様 丘から騎馬隊が 飛信隊前方をっ!! 紀彗様がついに!?

劉冬:違う。あれば丘裏にいた慶舎様の精鋭隊だ。しかもほぼ総動員・・・大将慶舎は一撃の元に飛信隊を屠る気だ。

劉冬:応えるぞ。後方の隊を左右に展開して完全包囲にかかれ馬呈にも伝えろ。一人も外に出すな。

おおまだ続くぞ慶舎様の騎馬隊は・・・初日同様動く時はとことんやられる・・・。ブハハ城主 これは飛信隊ひとたまりもありませんぞ。

紀彗:確かに一溜まりもない。降りて行った慶舎様の隊は主力部隊のほぼ全軍。察した劉冬・馬呈も包囲にかかった。上から見ていればよく分かる。飛信隊が助かる道は一つもない。

だが、何だ・・・?飛信隊ではない、慶舎様の方か・・・?いやこの急襲は間違いなく上策。桓騎軍はこれで右翼を失うことになるのだから・・・だが、何かがおかしい気が。

実はこの時慶舎の出陣に胸騒ぎを覚えた者が紀彗の他にもう一人いた。長年その側近を務める 金毛である。

CIMG2219

丘向こうの物見より報告。慶舎様精鋭隊 飛信隊を襲撃中。飛信隊は早くも窮地に陥った模様です。ワハハ当然だ。うかつに懐に入りよって愚か者共が。

金毛:どういうことだ。桓騎が動いた気配はないはずだが・・・

どうなされました副将。初日と同じく慶舎様自らのご出陣。この戦のっておられる。

金毛:愚か者。初日とは全く違う。初日は桓騎軍左翼がアミに飛び込んで来たから狩りに行った。だが、今は恐らく対桓騎のアミとは関係なく、目障りな飛信隊を討ちに出られた。傍目には飛信隊もアミにかかった餌食に見えるかもしれぬが、私にはこれは焦れ。気配をつかませぬ桓騎への報復に見える・・・。やはり昨日の最大の好機ですら動かず気配を消し続けた桓騎に苛立っておられるのか。

金毛:今・・・私はゾッとすることを考えた・・・この慶舎様の出陣を見てもし、桓騎が笑っているとしたら!?

リン玉:とっ捕まえた敵兵が吐くには慶舎は沈黙の狩人。待ちの達人なんだと・・・。どの戦いでも敵は張り巡らされたワナに気付かず先に動いてからめ取られる。結局いつも皆慶舎の手の平の上で踊らされて敗れると。

CIMG2220

桓騎:へーおっかねェな。そういう奴に限って最後は俺の手の平の上でクリクリ踊ってぶっ殺されて大グソ漏らすって話だろ?リン玉。

桓騎:沈黙の狩人?あっさり血相変えて動きやがってザコが。

黒桜:ゼノウ!!

466話に続く。

キングダムのネタバレ予想!466話「左翼のゼノウが右翼に?」

CIMG2221

最近のキングダムは1話1話であまり進展がないところが惜しいところです。もう少しテンポを上げて描いてくれたら尚良いのですが・・・と思っています。

早くこの後の展開が見たいですね。左翼にいたはずのゼノウが右翼に来たということで、右翼で飛信隊を襲う慶舎を急襲しようとしているのでしょうか。ゼノウがいるということは雷土も一緒か?

次回は飛信隊・ゼノウ・雷土VS慶舎・劉冬・馬呈(紀彗)という最大の激戦が見られると思います。

桓騎の笑みとどんなワナを張り巡らせて趙軍を陥れるのか注目したいですね。

 

スポンサードリンク

 

キングダム 41 [ 原泰久 ]

キングダム 41 [ 原泰久 ]
価格:555円(税込、送料込)