Pocket

キングダム~中華統一への道~2016年もよろしくお願いします。

信と始皇帝は何とか元気にやっています。今週もネタバレ予想記事と今週号のレビューをしていきますので、お楽しみにどうぞ。今週号は紀彗が大活躍です。

 
→キングダムの最新話はこちらから

→キングダムの前回のお話 458話はこちらから

スポンサードリンク

 

キングダムの459話「闘志の伝染」

CIMG2168

紀彗:趙兵・・・いやっ離眼の兵よ!戦ェェ

紀彗の出現で息を吹き返した趙軍。その一声は秦趙の均衡に大きな波紋を呼ぶのか!!?

その存在(紀彗)は、兵の目と血に火をともす。紀彗の一声で息を吹き返した趙兵はそれまで押されていたが、紀彗の一声を境に黒桜の兵を倒し始めます。

紀彗からは攻めに転じよという指示が、そして、黒桜は離眼という言葉に聞き覚えがあるようだが・・・。「離眼」というのは紀彗を語るうえでキーワードになりそうです。

趙兵は紀彗を中心に攻撃に出ます。一方の秦軍は守備に回ります。そして、守りの達人の桓騎軍角雲(千人将)が登場します。

CIMG2169

角雲:押せ押せの展開だった故、出番がないかと思ったぞバカヤロォが。この鋼の壁で流れを呼び戻す英雄となり、今宵こそ麗しの黒桜を我が天幕に!(なんかこいつ弱そう)

CIMG2170

そこを切り裂く紀彗!あっという間に角雲は殺されてしまいました。(言わんこっちゃない)首吹っ飛ばされた!!あぁ~!!

これを見た黒桜は、見誤った・・・!!あの弾劾を下る騎馬隊がいるのか。この相手は地形の見方を改める必要がある。この相手は地形の見方を改める必要があると考えた。

 

スポンサードリンク

CIMG2171

黒桜を襲う趙兵だが、ここは冷静に黒桜が弓で対応する。どんどん攻勢に出る趙兵に対して、対応するのに精一杯の秦軍。黒桜は全軍退却の支持を出し、立て直しをはかります。

黒桜:お頭 慶舎だけじゃない。この敵にはもう一人やっかいな奴がいやがる。

正に雷光の如き早さの逆転劇であった。紀彗の出現で黒桜軍は後退。逆に一気に紀彗軍に押し込まれる位置まで退げられてしまった。

せめて拾うものがあったとしたら、黒桜の判断の早さで失った兵数が多くなかったことと紀彗という第二の存在に気付いたことである。

中央丘を中心に戦場を左右に分けてみると、右は平地は飛信隊が押し込み、丘は紀彗軍が押し込んだ。左は平地も丘も拮抗し、前線は大きく動かず・・・。

二日目の戦いはほぼ互角のような形で幕を下ろしたのである。

一方、二日目の戦いで大きく前進した飛信隊ではその勝利に最も貢献した渕さんが皆にたたえられています。飛信隊は二日目の目標であった中央丘の横まで進軍する条件も果たした。

そして、明日も前線を押し込んで右の戦局の優位を固めることが目標であると河了貂と信が離しています。

ただ、一つ気になるのが羌瘣がまだ戻ってきていないこと。羌瘣がとらえられているという情報はないが・・・今どこにいるのか気になるところです。

黒羊丘の中の集落にかくまわれている羌瘣、精子の瀬戸際をさまよっている模様。果たして羌瘣は復帰できるのか?気になる460話は1/21です!!

キングダムの460話のネタバレ予想!羌瘣は復帰できるのか?

CIMG2173

信とテンの憂慮が尽きない中、生死の境を彷徨う羌瘣。二日目の戦いの影の功労者の行方は・・・・!?

羌瘣が敵の軍師の劉冬に深いダメージを与えたことで、敵は飛信隊の戦略に対応できず、二日目は大きく、後退させられました。引き金となったのが羌瘣の活躍にあることは間違いないです。

ただ、その代償は大きく、なんとか生きているような状態。復活しても戦線に復帰するのは厳しいかなと思います。今の飛信隊は第一功を挙げた渕さんや信・河了貂などの古株と我呂などの比較的最近飛信隊に加わったメンバーが融合してさらに強くなっている印象があります。

三日目もさらに前線を押し込むことができそうです。

 

スポンサードリンク

送料無料!!【漫画】キングダム 全巻セット (1-40巻 最新刊) / 漫画全巻ドットコム

送料無料!!【漫画】キングダム 全巻セット (1-40巻 最新刊) / 漫画全巻ドットコム
価格:22,110円(税込、送料込)

キングダムの全巻セットはコチラ