Pocket

信と始皇帝です。

キングダムの最新巻の46巻が発売されましたね。47巻の発売日は7月20日前後になりますかね。

今回の46巻は王騎の矛を持った信の表紙というのが最高です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングダム 46 [ 原 泰久 ]
価格:555円(税込、送料無料) (2017/4/23時点)

 

『キングダム』で学ぶ乱世のリーダーシップ

新品価格
¥1,296から
(2016/3/10 22:02時点)

→YJ最新話はこちらから

→キングダムの45巻はこちらから

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

女性誌MOREにも特集が組まれるということで、さらに多くの女性に読まれることでしょう。

スポンサードリンク

キングダムの46巻の内容は?趙との戦いへ

黒羊丘を獲った秦は、黒羊を起点として趙を攻めることになりますが、その前に飛信隊は一時的な休息と隊を強くするための新たな兵の選抜になります。

そこに出て来たのが、仁と淡の兄弟です。この兄弟は、弓がうまいというかうますぎる!

なんでかっていうと、中華十弓の蒼源の息子だからです。これは大きな戦力の二人が加わりました。

そして、曲者が干斗。活躍するかどうかは不明ですが、崇原や松左なんかと一緒に歩兵を引っ張っていくのではないかという予想。

新たに選抜された飛信隊がどんな活躍をするか期待。今まで歩兵や騎馬隊の白兵戦が主な戦術であった飛信隊に弓という遠距離先鋒が加わったのは大きいです。これで戦術の幅が広がります。

そして、咸陽では法の番人「李斯」が復帰。国の統一後、法治国家を作るべく李斯の力が必要だから。そして、昌平君が趙攻めの新たな策を語ります。

それは、趙の王都 邯鄲の喉元である鄴を攻め落とすこと。西は山脈、南は河がある攻めづらい場所をどのように攻略するのか?相手をうまく欺けるのか?昌平君がこの重要な戦いに3人の大将軍を任命しました。桓騎、楊端和、そして総大将に王翦。これは超本気モードです。

そうでもしないと獲れないです鄴は・・・。

秦は前回の戦いで獲った黒羊丘を起点として趙に攻め込むと相手に思わせて、その途中の金安で進路を変えて、一気に鄴に攻め込むという策を立てました。趙は秦の動きに備えて布陣しますが、時を同じくして燕のオルドが攻め込んできます。東にも憂いが出てきてしまった趙の李牧はこの危機にどうやって対応するのでしょうか?

キングダムの47巻のネタバレ

504話~514話の収録になります。

列尾城に攻め込み、列尾を獲ることに成功した秦ですが、これは李牧の巧妙な罠でした。昌平君の策が失敗に終わった状況で、撤退の選択肢しかないように思われた秦軍を動かしたのは総大将の王翦。

どうやってこの状況を打開するのか?王翦将軍!

ここまでです。これ以降はヤングジャンプを見ていくしかないですね。

こんな感じで次回の47巻ではさらに戦いが進みます。46巻以降この先のお話が気になる方は504話以降をご確認ください。

・キングダムの493話「再出発」

・キングダムの494話「地下牢の賢人」

・キングダムの495話「相応の覚悟」

・キングダムの496話「激動の起こり」

・キングダムの497話「終結の本意」

・キングダムの498話「大軍勢の緊張」

・キングダムの499話「手にする思い」

・キングダムの500話「進軍路の兵達」

・キングダムの501話「気運の探り合い」

・キングダムの502話「機先を制す者」

・キングダムの503話「火急の鳥」

スポンサードリンク