Pocket

信と始皇帝です。

キングダムの最新刊の45巻が発売されました。黒羊丘戦が完結しました。桓騎圧勝でした。その内容の紹介と46巻の発売日と内容の予想をしていきたいと思います。

キングダムは3か月ごとの発刊になりますので、次回は4月20日前後に46巻が発売されることが予想されます。493話~503話ですね。

→キングダムの44巻の内容を復習したい方はこちらから

→キングダムの最新話はこちらから

『キングダム』で学ぶ乱世のリーダーシップ

新品価格
¥1,296から
(2016/3/10 22:02時点)

→キングダムを電子書籍で楽しみたい方はこちらから

スポンサードリンク

キングダムの最新45巻「黒羊丘戦が決着!」

キングダムの45巻は、黒羊丘戦が決着します。最終的には桓騎の圧勝でした。桓騎は途中から狙いを趙軍の総大将の慶舎から紀彗一人に変更していた。

それは、紀彗と離眼城の関係を知って、村人達の死体を見せて脅せば、紀彗は必ず離眼城に行くと考えたからだ。昌平君でも李牧でも真似できやしない圧倒的な勝利。

賭けではない、大人の戦い!それを見せつけた秦軍(桓騎軍)の勝利でした。

その後、飛信隊に那貴が入隊。飛信隊はより強くなるために、それぞれが一旦故郷に帰ることに・・・。

その間に咸陽に来訪者が。それは斉王の王建と趙の宰相李牧でした。王建と李牧は蔡沢が連れてきた。この前代未聞の会談では、大きく動いたことが三つ!

①斉王の王建が秦国に降る。大王嬴政の言葉で、斉の王が降伏しました。これで東への憂いがなくなるはず・・・。実際の史実でも戦国七雄の最後の国であった。

②蔡沢死去。これは言わずもがな。非公式ではあるが、斉を降伏させた功績はでかすぎる!

③李牧が秦と真っ向勝負。中華統一に向けて一番大きな障害が李牧であることを決定づけた。

最後に飛信隊に新しい強力な仲間が入ります。仁と淡の弓兄弟。兄弟の父は中華十弓の蒼源!これは、近距離戦のイメージの飛信隊に弓という遠距離戦が加わり、さらに強くなりそう。

45巻はこんな感じです。各話の詳細内容はリンクから。

スポンサードリンク

 

→キングダム482話「離眼と趙国」

→キングダム483話「勝敗の夜ふけ」

→キングダム484話「それぞれの出発」

→キングダム485話「蒙恬の報せ」

→キングダム486話「文官達の戦い」

→キングダム487話「東西大王会談」

→キングダム488話「秦王の絵図」

→キングダム489話「蔡沢の矜持」

→キングダム490話「宿命の舌戦」

→キングダム491話「秦の障壁」

→キングダム492話「成長への募兵」

 

次回もお楽しみに!!

 

スポンサードリンク

→キングダムを電子書籍で楽しみたい方はこちらから

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングダム 45 [ 原 泰久 ]
価格:555円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)