Pocket

キングダムの444話は城無き戦場!

002

 

→キングダムの最新話はコチラから

→桓騎についてはコチラでまとめています。

→前回のお話はコチラから

スポンサードリンク

キングダムの445話のネタバレ予想と444話の内容のレビューをしていきます。将軍への一歩として臨む趙国との黒羊丘攻防戦。目前に広がる森の深さに圧倒されるが・・・。

信:何だ、この見渡す限りの密林地帯は・・・

羌瘣:手間だが、迂回した方がいい。

信:中は色々面倒だ。

河了貂:迂回はできないよ。

羌瘣:何で?

河了貂:だってここが今回の戦場「黒羊」だから。

征くは、樹木と奇怪の大海。

飛信隊信、お頭がお呼びだ!!

信:作戦会議か。 急いで来い!

桓騎:ああ?いつも女を連れてるのかお前。

信:うるせェ。うちの参謀二人だ。作戦は二人も聞くんだよ。

桓騎:摩論、さっさと済ませろ。

004

 

摩論:お三方どうぞこちらへ。ご覧になったと思いますが、黒羊は思っていた以上に広大な樹海です。そして本営は今回この地を攻略せよとの指令ですが、ここに落とすべき城というのものはありません。

河了貂:代わりに五つの丘がある。

摩論がしゃべってんだろ。しゃしゃり出んなガキ。

摩論:私は構いませんよ。むしろ今は黒桜さんがお黙りを。軍師河了貂が言う通り「丘」です。単純に一言で言いますと、この戦いは五つの丘を占拠すれば我々の勝ちです。

信:丘の占拠。

006

スポンサードリンク

オギコ:おっぱいみたい。ね、おっぱいみたい信。あきれる信。

信:それで作戦は?

摩論:この樹海に道を作るべく、二つの矢を放ちます。左は雷土さん、そして右が飛信隊です。散らしている哨兵によれば、敵の慶舎軍も黒羊の反対の渕に着いた様子です・

信:慶舎・・・

摩論:ですので、二隊はイチ早く樹海を進軍し、できるだけ奥深くで敵と交戦に。この樹海の中大小限らず前線ができれば必ずそこで進軍の足が鈍ります。つまりお二人で中央の丘より奥に前線を作ってくれれば我々は序盤から労せず三つの丘を手にすることができるというわけです。

河了貂:だったら急いだ方がいい。敵もきっと同じことを考えてくる。

信:何っ

摩論:ご名答。

雷土さん部隊の準備ができやした。雷土:お先に

信:くそっ俺達も行くぞっ

桓騎:待てよ元下僕の信。重要な役目の片方をお前に与えてやってんだ。しっかり期待に応えろyお。失敗したらただじゃすまないぜお前。

007

信:元野盗の桓騎将軍は安心して俺らのケツを追っかけてくればいい。この戦の第一武功 敵将 慶舎の首は俺が取る。

河了貂:それじゃ羌瘣、斥候頼んだよ。

信:気をつけていけよ。

羌瘣:これに似た所で育った。問題ない。

008

羌瘣:少しだけ二人とも頭の片すみに入れておけ。きっとここは丘の取り合いだけの単純な地じゃない。じゃあ行ってくる。

信、河了貂:!?

009

馬呈:左奥の敵陣側の丘か、やはり大分かせいだな。

馬呈様 前方に敵影です。まっすぐこちらへ進軍していると。物見の報告では旗印から恐らく飛信隊だと。

馬呈:飛信隊・・・たしか慶舎将軍が名指しで獲物だと言った奴だな・・・。だってよ劉冬。

010

劉冬:ではここだ。

馬呈:うむ。

上陸だ。音を立てず展開しろ。ここで飛信隊を急襲する。

飛信隊大ピンチです!!今後の展開は次回に続きます・・・

キングダム445話のネタバレ予想「飛信隊の大ピンチか?」

008

キングダムの444話では、最後に飛信隊の大ピンチのフラグが経ちました。桓騎将軍の軍と飛信隊の一歩先に小舟を使って先に丘まで辿りつき待ち伏せをする慶舎将軍の軍の馬呈と劉冬。

急襲されて飛信隊が大ダメージを受けるのは避けられないでしょう。その後どう立て直すのか?羌瘣の言葉の真意とは?気になる事が多いですが、遂に開戦します黒羊丘の戦い!!

丘を取るだけでは終わらなさそう・・・李牧やホウケンの登場はあるのかなど気になる事は満載ですが、まずはこのピンチを飛信隊がどうクリアしていくかが445話以降の見所になりそうです。

 

スポンサードリンク

キングダムの最新38巻を購入したい方はコチラ

キングダムの全巻セットはコチラ