Pocket

001

キングダムの438のネタバレ予想と437話のレビューをしていきます。数多の苦難を越えた御旗、いつか”中華”を示す紋章になるときがすぐに来るかもしれないですね。

今後の展開がどうなっていくのか注目の437話はタイトルが親子の繋がりということで、政と太后がメインになりそうですね。それでは437話を見ていきましょう!!

→キングダムの前回のお話はコチラから

→キングダムのアニメ3期を見たい方はコチラから

→キングダムの漫画最新刊はコチラから

→キングダムの最新話はコチラから

スポンサードリンク

キングダムの437話は親子の繋がり

002

 

反乱の傷は癒え、戦いの日々が訪れる。羌瘣かわいいです、相変わらず・・・。そしてまとめとして、史記秦始皇本紀より抜粋します。

紀元前238年秦王政は四月雍にて帯剣、加冠した。その時、嫪毐の反乱が発覚した。嫪毐は王と太后の玉璽の複製で各県の兵 戎翟公らを徴発して雍に攻め入ろうとした。

王は気付き、昌平君、晶文君は毐軍迎撃に出た。咸陽で戦い反乱を鎮めた。その後数百人を斬首とし、武功者は爵を得た。

樊於期の前には琉期がいるようだ・・・。琉期は死ぬだろうが、樊於期は生き残るのかな?

003

スポンサードリンク

そして嫪毐ら首謀者は車裂きとなり首はさらされその一族も皆死罪となった。太后様と泣きながら進むのは趙高です。この男がキングダムの物語の終盤にキーになる人物ですのでぜひ覚えておきましょう!!

また関係した四千余家の人間が蜀の地へと島流しにされた。このとき島流しにされた趙高がどのように政権を奪取するのか注目すべき点ですね。

こうして、嫪毐による秦国史上最大のクーデターは失敗に終わったのである。

そして呂不韋・・・この男はどうなるのか?まだ斬首になってないのかと言われる始末。呂不韋自身はまだ審議中とのことです。徴兵の監視付とは言え、お互い自由に外を歩けるとは大王は優しいと言う、蔡沢さん。それに対して、呂不韋は泳がされていると考えるべきでしょう。何せ向こうには策士昌平君がいる。

蔡沢 さてさて相国、生まれ変わった秦国はこれからどうなると思う?

呂不韋 それが分かる人間は唯一つとしていない。なぜならこの五百年誰も踏み入れなかった領域に大王が焦点をあてているからです。

蔡沢 昭王・六将も真っ青の苛烈な時代を迎えることに間違いないでしょうな。しかし不思議と・・・心の隅でどこか高揚しているのも事実です。この私が・・・。

蔡沢 あの呂不韋をも感化させるとは、やはり傑物であるな大王様は。

ここで呂不韋が衝撃的な一言を発します。 さすが私の息子です とえ!!そうだったの?と言う方はこちらの記事もご確認ください。

→嬴政の父親は呂不韋なのか?

史記「列伝」には政と呂不韋の親子説が記されている。知っての通り、美姫・・・太后様は私の元恋人。私は彼女と別れ荘襄王にあてがった所すぐに妊娠が発覚した。

我ながら何というツキの強さと思いましたよ。うまくすれば親子二代で秦国を乗っ取ってしまえると。しかし、蓋を開けてみれば出産した日がどうやっても計算が合わなかった。

いやだから冗談ですよ息子と言うのは・・・。やっぱ冗談だったのね。呂不韋は冗談とか言うんだな。

今のは本当にそうであったならばと実はごくたまに思う時もあったという話です。大王と太后と呂不韋の三人の関係は解き目がない程からみ合っていてそれを今回三者が同時に力づくでケリをつけた。

 

そうして新しい時代への航路が開けたというわけです。

 

さすがに勝った大王にも笑顔はありませんな。仕方なかろうこの戦の爪跡が最も深く刻まれてしまったのは他ならぬ大王と太后の二人の間じゃ。最後まで・・・二人の遺児の命を助けようと粘ったのは大王本人らしいです。

そして晶文君が見つめる崎の塔には、太后が眠っている?太后の様子は、たまに泣き叫ばれていますが、今は眠っているようです。しかし、食事も水もほとんど口にしていません。

005

部屋に政と太后の二人だけになりました。

太后は泣いているようです。政はそんな太后の姿を見て、昔を思い出します。政はマジでボロボロだったんですね。

政は太后に触れてお互いによく生きてここまでこれたものです。あなたは全てを失ってしまったが、どういう形であれ・・・旅が終わったのです。裸脚で棘だらけの路を歩まれたあなたの旅がようやく、母上・・・。

そして政は太后の耳元で語りかけます。二人の遺児は密かに城外へ出し匿いました。露見すればすぐに命を絶たねばならぬ故知っているのはごく数人です。何年先になるか分かりませんが、国内が完全に落ちついたら必ず二人と引き合わせます。ですからどうか健やかでいてください母上・・・。

006

438話につづく・・・。

キングダムのネタバレ予想438話

437話では、親子の域を超越し、闘争に力を尽くした二人。降り積もった敵意は融け、政の夢は天下へと飛翔する。最後に政の優しさが垣間見えました。史実では、二人の子供は生かさなかったはずですが・・・実は生かしていたのかも。政は人間臭い部分があっていいですね。このまま変わらずにいてほしいなと思います。

そして、秦国内を統一した政は何を思うのか?中を固めたら当然次は外の統一ですよね。まずは趙の討伐のお話になると思います。桓騎や李牧がメインで登場してくると思われますので、今後の秦国の中華統一に向けた動きと各武将の対決は見物です。

 

【追記】

李将軍の登場!!六将はどうなるのか?

画バレがきました。ついに李将軍が六将に入るフラグが立ちました。私の個人的な六将のメンバーですが、蒙武・王翦・壁・李信・王賁・蒙恬だと思います。羌瘣は王翦軍の副将になるので、六将には入らないですね。桓騎は逃げます・・・。

439話に続く・・・

→キングダム439話「雄飛の刻」はコチラから

 

スポンサードリンク

キングダムの最新38巻を購入したい方はコチラ

キングダムの全巻セットはコチラ